〒252-0804 神奈川県藤沢市湘南台3-7-12 湘南台クリニックビル102

MENU

症状から探す

Search from symptoms

脳神経外科とは?

脳神経外科とは脳、脊髄、末梢神経を含むすべての神経系の病気の予防、診断、治療を行う医学専門領域です。
脳卒中、頭部外傷、脳腫瘍に加え、てんかん、パーキンソン病、認知症、三叉神経痛、顔面痙攣、小児奇形、更に、脊椎、脊髄、末梢神経の病気を対象とします。

脳神経外科専門医とは?

脳神経外科専門医は、これらの病気の予防や診断、手術的治療および非手術的治療、リハビリテーションあるいは救急医療において総合的かつ専門的知識と診断技術を持ち、これらの病気に対し適切な診断と治療を行い、必要に応じて他の専門医への紹介・転送の判断も的確に行える能力を備えた医師です。

症状について

頭痛

疾患概要

頭痛はまず2つに分けて考えます。頭の中に放っておくと命が危うくなるような異常、例えば脳腫瘍やくも膜下出血があるために起こる頭痛とそうではない頭痛です。

放っておくと命に関わる異常を引き起こす頭痛

異常がないか診断するためには、MRI検査、CT検査といった画像診断で頭の中にくも膜下出血や脳腫瘍等がないこと、つまり脳に異常がないことを確認しなくてはなりません。画像診断で脳に異常が見られない場合、頭痛の多くは緊張型頭痛か血管性頭痛です。

画像診断で脳に異常が見られない頭痛

緊張型頭痛
原因・症状
緊張型頭痛は、頭痛の患者さんの大半を占め、肩や首の筋肉の緊張や精神的ストレスが原因となっていることが多く、スマホが原因のスマホ頭痛もこの中に含められます。ほとんどの場合首筋から後頭部、またはこめかみのあたりが 締めつけられるように痛みます。まれに、うつ状態が根底にある場合があります。
血管性頭痛
原因・症状
血管性頭痛の原因にはいろいろな学説がありますが、大雑把にいうと、生まれつき頭の血管が拡張しやすいために起こる頭痛です。
血管性頭痛はさらに片頭痛群発頭痛に分けられます。
片頭痛
片頭痛は月に1-2度、ひどい場合には週に2-3度、発作的に頭がズキンズキンと拍動性に激しく痛みます。女性では生理と連動している場合があります。また、急に気温が上がった時、台風などで気圧が下がった時、ストレスから解放されて気分がリラックスした時など起こりやすくなります。往々にして嘔気や嘔吐を伴います。通常は、痛みは片側だけに起こり、光や音に曝されると痛みがひどくなります(光過敏、音過敏)。また、頭痛が始まる20-30分前に目がチカチカして視野の一部が見えなくなる(閃輝暗点)などの前兆がみられる場合もあります。
群発頭痛
群発頭痛は片頭痛に似て、拍動性の尋常ではない耐え難い痛みを特徴としています。群発頭痛の痛みの強さはくも膜下出血のときの痛みの強さに次ぐといわれています。
通常、年に1-2回、頭痛が集中して起こります。1回の頭痛は1-2時間でおさまりますが、それが1-2か月の間ほとんど毎日起こります。頭痛の部位はほとんどの場合いつも同じで、右もしくは左、どちらかの目の奥(眼窩部)に起こります。多くの場合、痛みと同側に涙や鼻水が出ることもあります。通常、夜中2-4時ごろ痛みが始まり2時間程度持続します。ひどいときは日中にも痛みが起こります。20-30歳代の男性に多く起こりますが、女性にもまれながら起こります。
期間中に飲酒するとてきめんに頭痛(二日酔いの頭痛とは異なる)が起こり、これにより、患者さんは群発頭痛のシーズンが始まったと認識するのです。また、涙が出たり、鼻水が出たりといった随伴症状が起こる場合があります。

めまい

原因・症状

めまいは、平衡感覚の不具合に原因がありますが、患者さんの訴える「めまい」の中には、脳の血液循環の障害によるフラツキや脊柱の老化による頚椎症や腰椎症による身体の揺れがかなりの頻度で含まれます。
脳の血液循環の障害には、脳の動脈硬化症、血圧調整不全、心疾患などが原因となります。
平衡感覚の障害によるめまいは、目、耳、身体の知覚障害、もしくはこれらの器官からの情報を統合する脳の障害により起こります。
従って、まずは聴神経腫瘍といった脳腫瘍や、脳梗塞、脳出血、水頭症といった脳の器質的疾患をMRIやCTといった脳の画像検査にて検索しなければなりません。

耳を原因とするめまい
めまい症状の多くは周囲や自分がぐるぐる回るといった回転性で、嘔吐、発汗等の自律神経症状を伴いがちです。
持続時間は比較的短く、生命を脅かすということもありません。
ただ、治療のタイミングを逃すと聴力障害を残すといった場合(突発性難聴)があります。
脳を原因とするめまい
回転性の場合もありますが、動揺感、浮遊感として表現される場合が多く見受けられます。めまいの程度はそれほどひどくなくても、小脳の出血や梗塞、くも膜下出血、脳腫瘍が原因のことがありますので、生命に対する緊急性が高いというのが特徴です。
耳や脳以外の要因で起こるめまい、多いものとは?
耳や脳を原因とするめまいの他に意外と多いものに頚性めまいと呼ばれるめまい、揺れがあります。
また、頚性めまいには2種類あります。
首の筋肉の緊張がひどくなり(こり)、頸の筋肉の固有知覚に異常が起きるとくらくらーとしためまいがおこることがあります。回転性の要素が加わることもあります。往々にして、頚椎の変形が関係しています。また、頚椎の変形の仕方によっては、頚椎の中を走る椎骨脳底動脈が、首の位置によって、骨の先端で圧迫されることがあり、小脳や脳幹や内耳への血流が障害されてめまいが起こることがあります(椎骨脳底動脈血流不全)。

しびれ・ふるえ

しびれ
症状

しびれの症状は正座したときのそれが典型ですが、一般に知覚が鈍くなったとき(知覚低下)、通常とは違う知覚(例えば、ビリビリとかピリピリ)を覚えたとき(異常知覚)、そして力が何となく弱くなったとき(運動麻痺)に“しびれ”と表現されます。知覚低下ないしは異常知覚という知覚の障害が起こる部位は、脳、脊髄、末梢神経と大きく3つに分けることができます。

原因

しびれの原因となる外科的疾患は、脳では脳腫瘍、脳血管障害、脊髄では頚椎症、椎間板ヘルニア、後縦靭帯骨化症、脊髄腫瘍、脊髄空洞症など、末梢神経では橈骨神経麻痺、尺骨神経麻痺、正中神経麻痺などがあげられます。
内科的疾患としては、種々の変性脱髄疾患、薬物、重金属、有機溶剤などによる中毒、ギランバレー症候群等の感染もしくは免疫学的な疾患が挙げられます。
また、おおまかにいうと、片側の手足のしびれの場合には脳、両手とか両足のしびれでは脊髄、片方の手だけという場合には、末梢神経が原因と考えられます。
しびれの原因としてもっとも頻度の高いのは頚椎症ですが、多発性の末梢神経障害なのか、頚髄の障害なのか、はたまた脳に問題があるのか判然としない場合もあります。脳に限らず、脊椎・脊髄系の異常の診断には多くの場合、MRI検査、CT検査を必要とします。
高齢者ではこれらの検査を行っても、脳にも脊髄にも問題があり、責任病巣がどこにあるのか判然としない場合も多くみられます。

ふるえ
概要

ふるえは、医学的には、自分の意志とは関係なく、勝手に目的なく動く運動(不随意運動)をいいます。
ふるえの代表はリズミカルに動く不随意運動で振戦といいます。そして振戦の代表はパーキンソン病と本態性振戦です。

症状
ジーとしているとふるえる:静止時振戦

このふるえの代表はパーキンソン病のふるえです。何もしていないときに強く起こり、何かしようとすると弱くなり、眠ると止まります。初期の段階では周りの人に指摘されてはじめて気付くことが多く、意識すると止まりますが、進行するにつれていつもふるえるようになります。

ある姿勢をとるとふるえる:姿勢時振戦

重力に抗して、ある一定の姿勢をとったときに最もはっきりするふるえです。
そのほとんどが本態性振戦ですが、甲状腺機能亢進症やアルコール中毒などでもみられます。

何かしようとするとふるえる:企図振戦

目標に向かって手足を動かそうとするとはじまるふるえです。企図振戦は、運動が円滑にいくように調節している小脳の障害、例えば、小脳梗塞、小脳腫瘍、脊髄小脳変性症などでおこります。

ものわすれ・認知症

ものわすれ・認知症
原因・症状

40歳を超えると、ものわすれが気になってきますが、多くの場合は加齢による生理的なものです。しかし、いわゆる認知症の初期症状であることもあります。
ここで、ものわすれを治療可能もしくは予防可能なものと治療効果の上がらないものに分けて考えてみましょう。

治療可能なものわすれ

治療可能なものわすれのほとんどは、脳神経外科手術によって症状が軽減するもので、代表的な疾患としては、正常圧水頭症、慢性硬膜下血腫、良性脳腫瘍等が挙げられます。
予防可能なものとしては、脳の血管障害によって起こるものわすれ(血管性認知症)があります。
このものわすれの根底には高血圧、糖尿病、高脂血症、喫煙などの生活習慣病があります。生活習慣病がある場合には脳のMRI検査、CT検査を行い、無症候性の脳梗塞や慢性脳循環不全の所見があるかどうかを把握し、更には脳に行く頸動脈の超音波検査で動脈硬化の度合いを評価して、高血圧や高脂血症、糖尿病のコントロールを行って血管性認知症を予防します。

治療が難しいものわすれ

治療が難しいものわすれは、いわば狭義のものわすれ、いわゆる認知症といえます。有名なアルツハイマー病や近年有名になったレビー小体型認知症がこれに当てはまります。これら疾患に対して一連の抗認知症薬が投与されますが、早めの投与と周囲の方の理解が必要となります。
ただ、これらの薬剤を上手に使っても、若干効果が乏しいと感じられることがあります。更に有用な薬剤の登場が待たれるところです。
このグループに属するものとして他に【前頭側頭型認知症】【進行性核上性麻痺】【大脳皮質基底核変性症】などがあります。
アルツハイマー病を始めとするこれらの疾患では脳の萎縮が進行しますので、疾病の診断や経過の把握にMRI検査、CT検査での脳萎縮の程度が参考とされる場合があります。
また、脳の代謝機能や血流循環も低下しますので、SPECT検査が必要とされる場合があります。
最近では、できるだけ早期に認知症になりそうな人を発見することと、認知症の患者さんによりうまく寄り添うことが治療上、介護上の目標とされる傾向にあります。

頭部外傷

頭部外傷
治療概要・検査・診断

頭部外傷の怖いところは、受傷時はなんともないのに、時間が経過すると、頭蓋骨の中に、血が溜まったり、脳がむくんで来たりすることでしょう。頭部外傷に対する脳神経外科医の診察は、もうすでにこのようなことが起こっているのか、それとも今は良くても数時間後は大丈夫なのか、まずは、この点に集中されます。殆どの場合、頭蓋骨や頚椎の損傷を把握するためのレントゲン撮影、頭蓋内の状況を見るための画像検査、特にCT検査が行われます。

画像検査:頭部外傷

検査に掛かる時間が短いこと、医療関係者や保護者が患者さんのそばで様子を見守れること、出血病変を的確に見つけることができるという点で、MRI検査よりCT検査が第一選択になります。高齢者の場合、外傷直後には全く異常が無くても、1-2か月後に頭の中に血液が貯まること(慢性硬膜下血腫)が比較的多く起こり、綿密な経過観察が必要です。頭部外傷を契機とする病態には以下のようなものがあります。

(頭部外傷が原因で起こる可能性のある病態例)
  • 脳震盪
  • 脳挫傷
  • 急性硬膜外血腫
  • 急性硬膜下血腫
  • 慢性硬膜下血腫
  • 外傷性くも膜下出血
  • びまん性脳損傷

その他の症状

脳や脊髄という中枢神経はとても高度な働きをしますが、一度損傷を受けた場合の回復力は他の臓器、器官に比べて微々たるものです。この回復力の弱さが後遺症として現れます。従って、中枢神経の場合、早期に異常を見つけ出して適切な手を打つことが大切です。

どのような症状に注目すべきか改めてまとめてみました。
下記のような症状を呈する場合には早めの受診が必要です。

  • 頭が痛い
  • 頭をぶつけた
  • スマホ症候群、スマホ頭痛が気になる
  • めまいがする、ふらつく、クラッとする
  • 目(片側もしくは両側)が一瞬見えなくなった。
  • 目の前が真っ暗になった。
  • 手足の動きがよくない、力が入らない
  • 手足が痺れる、感じが鈍い
  • 手足や指がふるえる
  • 歩きにくい
  • しゃべりにくい、呂律がまわらない
  • 顔がゆがんできた。
  • 言葉が出てこない
  • 字が下手になった、字を間違える
  • 計算を間違える
  • 首や肩がこる
  • まぶたがぴくつく
  • 頭がボーとする
  • 意識がなくなる
  • ひきつけ、けいれんを起こす
  • 隠れ脳梗塞(無症候性脳梗塞)が心配
  • 無症候性頚動脈狭窄(頚動脈硬化症)が心配
  • 血圧が高い(脳は血圧にはとても弱い!)
  • 血糖値が高い
  • 血液検査でコレステロール値、中性脂肪値が高い
  • 喫煙や過度の飲酒を長年続けている
  • 頭の手術を勧められているが、セカンドオピニオンを聞きたい
  • 未破裂脳動脈瘤が心配
  • 脳梗塞、脳出血、くも膜下出血、脳腫瘍が心配